2011年03月17日

震災の中で

震災が起きた当日。
品川にある友人の家に遊びに言っていて、そのまま帰宅できなくなって宿泊。
幸い赤ちゃんのいる家だったので、さくらも不自由なく夜を過ごせて、
不幸中の幸いでした。
小春日和で春爛漫な日から一転。
こんな状況になるとは・・・。

被災地には、私と同じように小さな子供をかかえているお母さんもたくさんいることでしょう。
お腹の中に新しい命を抱えている妊婦さんもいることでしょう。

こんな状況でも、毎日たくさんの新しい命が誕生しているそうです。
失われてしまった命の生まれ変わりのように誕生している、大切な大切な新しい命です。

特に子供をもつ親にとっては、子供への影響が自分のこと以上に心配です。
正確な情報と、迅速な対応を切に願います。

今は、原発事故の影響が心配です。

色々非難の声も上がりましたが、
東京電力の方はじめ、
関係者や専門家の人たち、そして政府の人たち、
みなさんが徹夜で、命がけで対応をしていると思います。
そんな人たちを信じて、どうか事態がこれ以上深刻にならないように、
無事に収束へ向ってくれるように願っています。

1日もはやく、
満開のさくらの花を、
安心して眺められる日が来ますように・・・!
posted by ユウコ at 12:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なるまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191082070
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。